京都の無骨なデザインリノベーション専門[サイン]

京都のリノベーション専門サイン

Renovation Catalogサインのカタログをお送りします
CONTACT
中古マンションを買って京都で大人カフェリノベーションならサインです

中古マンション × リノベーション (京都市S様邸 お客さまの声)

気長に物件を探すはずが、最初に見学した中古マンションが気に入って即決されたSさま。リノベーションは可愛すぎず無骨すぎず、好きなものしか置かずをルールに、DIYも楽しみながら進められたそうです。

リビングにレンガ壁!
一角だけなのにインパクトがありますね。

存在感があって、これだけでおしゃれに見える気がします(笑)。初めは特に決めたスタイルが無く、これもあれも好きやしと迷っていたら、Signの巽さんがヴィンテージ感のあるレンガタイルはどうですかと提案してくださって。じゃあレンガをベースに、しっくりくるものを組み合わせていこうと全体の雰囲気を作りあげていった感じです。

以前のお住まいは?

ワンルームより少し広い賃貸でした。ひとり暮らしを10年ほどしていて、徐々に生活で本当に必要なもの、自分の好きなものが分かってきて。でも、賃貸なので手を加えるのは部屋にものを飾ったりテーブルを変えたり程度でした。

賃貸だとやっぱり制限がある、 だからリノベーションを?

実は2年前、中古物件を検討しようかと大阪の会社に話を聞きにいって、リノベーションについて教えていただいたんです。それで具体的なイメージがつかめ、自分に合うなと。当時は良い物件に出合わなくて実現しなかったけれど、その後もたまに京都でリノベーションの会社ないかなとインターネットで検索していました。

それでSignを見つけたんですね。

ええ。自転車で行ける距離だったし、雑貨のお店もされていたので一度見てみようと訪ねました。お店は自分が作りたい部屋の雰囲気に近かった。巽さんは常にニコニコとされていて話しやすく、初対面なのに不思議な安心感がありました。もう一つ、惹かれたのはDIYができること。もともと作るのは好きだし、巽さんも一緒にやりますしと言ってくださったので、物件探しからお願いを。ゆっくり時間をかけて決めればいいやと思っていました。

造作のカウンター。古レンガの雰囲気がある壁面にしっくり合うヴィンテージ風のペンダントライト。インターネットで購入壁を取り払い、リビング・キッチン・寝室をひと続きの空間に
ディスプレイと実用性を兼ねた小さな棚。この下にもう一段玄関からリビングを見て。左の壁は絵などを飾るギャラリーに和室には光と風を招く開口部が。アイアンリングの欄間で装飾
キッチン蛇口はカクダイのアンティラシリーズ、2ハンドル混合栓木×鉄フレームのキッチンはSignオリジナル。無骨でいて落ち着きもカウンターと高さも雰囲気も合うアイアン脚のブレシアチェア
床にはオスモカラーを二度塗り。黒みがヴィンテージ感にキッチンの壁はモルタル塗装。シングルシンクはCERA、鋳物ホーロー製見映えのいい瓶にスパイスなどを入れて見せる収納に
Sさま自身もペイント。頼れるアシスタントはお母さま本棚は造作家具。リビングとベッドルームの仕切りにも本棚には小ぶりのサボテンや香水瓶を仲良く並べて

実際はすぐに決められたとか。

最初の物件を基準にして考えようと見学してみたら、最上階で窓から大文字が見えるんです。この景色が気に入って。室内は好きにリノベーションするから何でもいいし、Signさんならお任せしても好きなテイストになるだろうと、見に来て30分で「ここにします」と(笑)。実家が近いこと、交通便の良さもポイントでした。

ちなみに新築は検討されなかったんですか?

システムキッチン、田の字型の間取り、壁紙を選べない…そういう点があまり好きじゃなくて。新築は“できあがっている感”があるけれど、リノベーションなら決まった形が無く自分の好きにできるでしょう。例えば、自作のカーテンをかけるとしても、完成された空間ではきっと浮いてしまう。でもリノベーションならぴったり合うかなと。

上)可愛い過ぎない壁紙は、コンクリートの梁とも好相性。下)クッションフロアに跡が残らないようテーブルの脚には靴下が!好きだらけ空間に、前から持っていた家具も違和感なくなじむ布張りトルソーを鏡台脇に。アトリエ風に見えておしゃれ
寝室は他の空間とはギャップが。合わせの面白さを感じるてソファの明るい色、丸みのあるシルエットが空間を和らげる寝室から和室を見て。リングをモチーフにした欄間が目を引く

そのリノベーションではどんな要望を?

真っ白い女の子ぽい部屋が嫌で、無骨な感じが好きだったんですね。こんな風にしたいとお話ししたら、巽さんはレンガタイルだったりキッチンコンロだったりを探してこられて「たぶんお好きだと思う、どうですか」とたくさん提案してくださいました。 全体としては天井が低く狭い感じがするので、6畳の部屋が4つあったのを和室だけ残し、あとはすべて間仕切壁を取っ払って1つの空間にとオーダーしました。

打ち合わせは毎回、時間をかけて?

そうです。約2カ月間でほぼ毎週1、2時間しっかり時間をとっていただいて。2年前に行った他社さんはいくつかの選択肢から選ぶスタイルだったんですけど、Signさんはすごく自由なところも良かった。私はああしたいこうしたい、棚一つとってもここは何センチでと指定も。 工事始まってからも、こうしたらどうですかと提案してくださって、変更もできて。壁紙にしても「最後でいいですよ。部屋の雰囲気ができてからのほうがイメージしやすでしょうし」と言ってくださいました。

DIYは存分にされましたか?

クローゼットの扉に和室のドア、キッチン棚、カウンター、本棚、けっこう塗りました。和室のドアは母に手伝ってもらって。母は書道の先生で器用、上手に塗るので、巽さんも驚いてました。このドアの仕上げは私がしたので母娘合作ですね。楽しかったし、自分で塗ったというだけで満足。いっそう愛着が湧きます。

拝見するとキッチンやリビングは無骨で格好よく、寝室はちょっと可愛らしく、和室にはモダンさを加えてと、部屋によって表情が違って素敵です。それぞれこだわりが?

各空間がケンカしないように少しだけ雰囲気を変えていて、それぞれに合わせて好きなものだけ集めました。 寝室で言えば、クッションフロアはモロカン、モロッコタイルの柄に。壁紙はインターネットで見つけ、大阪のお店で見本を確認してイギリスから取り寄せたものです。花柄なのに毛虫や芋虫がいて可愛くないのがいい(笑)。ただ全然届かなくて、工事後に特別に貼ってもらいました。 キッチンでは、昔ながらのステンレスのシンクを、TOTOの白いシンクに。変えはじめたら他も合わせて変えたくなって鉄フレームのキッチンにしました。カウンターは脚が床に届かないイスに座りたいと高さをあげてもらい、本棚なども五センチ単位で修正してもらってます。 和室は、襖に洋風の壁紙を貼ろうかと思ったけれど、ここはやっぱり和がいいなと既存のものをそのまま、ただ少し寂しかったのでウォールステッカーを。全体のバランスは母に見てもらって「どこがいい?」「そこはあかん」みたいに微調整をして貼りました。

住み心地はいかがですか?

好きなもので全部そろえているから、家に居るのが飽きないんです。満足度は100%、これ以上はないかなと思うくらい。入り口のギャラリーは飾るものを入れ替えられるし、カーテンやウォールステッカー、小物なんかも住んでからいろいろ変えられてまた遊べるなと。この家は私の大きなおもちゃですね。

Signはどんな方にお勧めですか?
勧めるとしたら何とおっしゃいますか?

私のようにおうち大好きで、こだわりの家を作りたい方、家を自分の好きな世界にしたい方に。巽さんなら細かいところまで相談でき、それを形にしてくださるからとお勧めしたいです。棚も5センチ単位で決められますし(笑)。

ありがとうございました。
(インタビュー:茂内希保子 撮影:エバラヒデヲ)

和室のドアは母娘でオスモカラーのダブルブルーを重ね塗りDIY好きのSさま。ペイント作業も楽しくて仕方なかったそう隣室とのつながりを考え、和室の梁もコンクリートむき出しに黒く塗った格子がモダンな表情。飾られた書はお母さまの作品襖には梅と小鳥のウォールステッカーを。空間がほのかに華やぐ簡単に貼ってはがせ、リノベーション後も何度もアレンジ可
どこか懐かしい雰囲気をたたえた、ガラスシェードの照明壁一面がコンクリートむき出し。クール過ぎないよう工夫はあちこちにアイアンのホルダーにバスケット、小物でも雰囲気を統一
上)壁の手書き風の英文がナチュラルなテイストをプラス。下)洗面台の目隠しカーテンを自作。アイロンプリントでワンポイントも洗面蛇口はCERAのJulia湯水混合栓、色はアンティークブラス口雰囲気のいい既存のドアはそのまま使ってコストダウン
鏡はインターネットで探し当てたもの。鏡面のあしらいはDIY使い込んだような味と可愛さがあるタオルハンガー洗面とトイレには意匠と機能に優れたクッションフロアを

その他の施工事例

中古マンションをリノベする!
Signが、中古マンションリノベーションをお薦めする理由

今、賃貸にお住まいのお客さまへ

年金があてにならないこれからの時代、将来的に実家の持ち家を相続できる方、老後の資金が3000万円以上用意できる方以外は、賃貸より物件のご購入をお奨めします。賃貸の場合、退職後も家賃をずっと払い続けないといけませんよね。賃貸暮らしのメリットは、好きな地域に転々と住めること。しかし、引っ越し貧乏という言葉があるように、引越のたびに初期費用や引越代が数十万円掛かってしまいます。また、礼金がない物件でも2ヶ月分ほどの敷金も回数を重ねれば結構な金額になります。収入額によっては、子供の成長に沿ってどんどん増える教育費や自分たちの老後の貯蓄もままならなくなります。そして、いくら家賃を払い続けても自分たちの資産は“ゼロ”です。何度もいいますが、自分が退職して、働けなくなくなっても家賃を払い続けなければいけません。マンションや戸建てを購入していれば、家賃に関しては、ローンが完済すれば心配しなくて済みます。

京都市内ならメリットの多い中古マンションリノべーション

京都市内で、新築一戸建でカフェのような住まいを手に入れることは、ご想像の通り難しいでしょう。
京都市内では、空地と呼ばれる土地がまずありませんよね? たとえ、空地であっても建築条件付きで、家を建てる工務店が決まっていたり、建売住宅用だったりします。新築の場合、土地が選べないので、希望の地域に住めない場合が多いです。
また、子供のために郊外に戸建てをご購入されるご家庭も多いのですが、一緒に過ごすのは、長くても10代後半まで。
退職まで長い通勤時間を我慢する意味も検討時の材料となりそうです。

マンションを選ぶ一番のメリットは、自分の住みたい地域に住めるということ。
中古マンションを購入して、自分たちの思い描くライフスタイルにリノベーションするメリットは思いのほか多いのです。

Signがお客さまにお薦めしている理由です。

Signでは、マンションの中古物件探しからお手伝いさせていただくお客さまが多いです。
地元の有力な情報網を生かして、不動産屋さんも持っていない情報もご提供できます。
マンション物件をお探しのお客さまは、消費税アップ前の早い目がお薦めですよ(消費税アップ間近だと争奪戦になって選べませんので)。
全力で物件をお探ししますので、お気軽に声を掛けてくださいね。

サインへのお電話によるリノベ(リフォーム)ーのご相談は075-708-7601(営業時間:10時~夕方6時[水曜定休])
中古一般戸建て土地購入前に知っておきたい7つのポイント付リノベーション資料請求はこちらです